FC2ブログ
『いなほ・・・のように実りある生活を!』

世羅町を中心に広島県内全域を営業区域とし、発着のいずれか一方が県内であれば、どこへでもご利用できます。
通院やお買物、行楽(駅・港・空港などの送迎含む)や気分転換など、外出の足としてご用命くださいませ。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11
web拍手 by FC2
 

“ お客様の笑顔が見たいから...私は今日も走ります



きょう2月26日は、

オレンジ  2.26事件の日

1936(昭和11)年、2.26事件が発生しました。
陸軍の皇道派の青年将校が、対立していた統制派の打倒と国家改造を目指し、約1500名の部隊を率いて首相官邸等を襲撃しました。内大臣・大蔵大臣等が殺害され、永田町一帯が占拠されました。 当初、陸軍の首脳部は青年将校たちの行動を容認する態度をとっていましたが、海軍が鎮圧を要求し、天皇も同様の立場をとったので、29日に鎮圧を開始しました。飛行機から下士官兵ニ告グビラを撒いて帰順を勧め、今からでも決して遅くはないから、直ちに抵抗をやめて軍旗の下に復帰する様にせよとの投降を呼びかけるラジオ放送を行いました。形勢が不利になったと判断した将校たちは兵を原隊に帰し、2名が自決、残りの者が自首して、その日のうちに鎮定されました。

     1936年のこの日、東京は30年ぶりの大雪だったそうです。
     今年の東京は雪の降る日が多いようですね。



そのほかの記念日は、

オレンジ  咸臨丸の日
1860(万延元)年、幕府が派遣した使節団が、咸臨丸による37日間の太平洋横断航海を終えてサンフランシスコに到着しました。

オレンジ  パナマ運河開通記念日
1914(大正2)年、太平洋と大西洋を連絡するパナマ運河が開通しました。 パナマ運河は、中央アメリカのパナマ地峡を開削した閘門[こうもん]式運河で、当初はスエズ運河を開削したフランス人技師レセップスが工事を進めていましたが、作業員がマラリア等の病気にかかる等で失敗し、その後をアメリカが継いで完成させました。

オレンジ  血液銀行開業記念日
1951(昭和26)年、日本初の血液銀行・日本ブラッドバンク(後のミドリ十字。吉富製薬と合併する等して現在は三菱ウェルファーマ)が大阪に設立されました。 血液銀行は、献血等により提供者から採取した血液を保存管理して輸血に必要な血液を確保し、必要に応じて供給する機関で、GHQの指示により設置されました。翌1952(昭和27)年に、日本赤十字社も血液銀行を設立しました。


誕生花: スノードロップ   花言葉: 慰め、希望、まさかのときの友

誕生石: イーグルストーン   宝石言葉: インターナショナル(世界を見る眼)




行き先は “ あなた ” 次第  親切・丁寧・確実にお供します
- ご用命は稲穂介護タクシー へ -




暖房器具販売館


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
同感です
私も運転には自信がありますし、ボランティアとして障碍のある人のお手伝いもしていますが、さすがに人を乗せるのは躊躇ってしまいます。
後段でおっしゃるとおり、無償で運送する(運行費用を施設・企業が負担する場合など)は例外として認められていますが、学校などで公平さを目的に利用料をとる行為は摘発されています。世羅町のように住み分けが出来るのが一番だと思います。
2010/02/27(土) 09:26 | URL | crvmain #-[ 編集]
世羅町では、・・・
世羅町では、NPOの自家用有償運送はないと思います。町で障害者の輸送していましたが、民間(私共)が増えたため廃止されました。そのほかでは、高齢者の足確保・外出支援の目的で、タクシー利用券を廃止し、デマンドタクシー(車椅子未対応)導入、法人タクシーに委託・補助しています。

本来他人を業として運ぶ行為(無料・有料は問わない)は人の生命を預かることから、車両の安全性や運転者の技量に自家用よりも高い基準を課しており、営業車(緑ナンバー)でなければならない。 ⇒ 広義で、介護施設送迎・ヘルパーによる病院送迎(80条)・幼稚園、旅館、職場送迎など例外が多くあります。事故が起きた場合の責任・補償の問題もあると思われます。裁判になった場合、どのようになるのでしょうね。
2010/02/27(土) 04:03 | URL | 稲穂介護タクシー #niHBCEzc[ 編集]
日経の記事に?
本日26日朝刊、日経の記事に憤りを感じています。世羅町では、NPOの自家用有償運送の状況はどうなのでしょうか?営業車ががんばっているのですから、特別な事情がある場合以外はタクシーに任せるべきだと思うのです。
必要なら、タクシー利用補助を福祉行政の一環としてするべきだと思います。
2010/02/26(金) 21:12 | URL | crvmain #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://inahocaretaxi.blog82.fc2.com/tb.php/803-84be8b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Share
ShareSidebar