『いなほ・・・のように実りある生活を!』

世羅町を中心に広島県内全域を営業区域とし、発着のいずれか一方が県内であれば、どこへでもご利用できます。
通院やお買物、行楽(駅・港・空港などの送迎含む)や気分転換など、外出の足としてご用命くださいませ。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
web拍手 by FC2
 

“ お客様の笑顔が見たいから...私は今日も走ります




きょう09月20日は、

オレンジ  彼岸(ひがん)・秋彼岸・彼岸の入り

彼岸(ひがん)は雑節のひとつ。秋彼岸は秋分を中間に、前後各3日を合わせた7日間をいう。また、この間に行われる仏事・法要(彼岸会)をいう。
彼岸はサンスクリット語の「paramita」の漢語訳「到彼岸」の略。「彼岸」は煩悩から脱した悟りの境地をさす言葉で、浄土思想では極楽浄土を西方の彼方にあると考えた。秋分には太陽が真西に沈むため、西方にある太陽を礼拝し極楽浄土(西方浄土)に思いをはせ、そこに生まれ変わることを願った。また、昼夜の長さが等しいことから、仏教の説く「中道」の教えにもかなうとされた。
日本では先祖供養、墓参などの仏事・法要へ変化し、社会的な風習として根付いているが彼岸は日本特有のもの。彼岸の供物である「ぼたもち」「おはぎ」は同じもので、秋彼岸のころにみられる萩に由来するとされている。



そのほかの記念日は、

オレンジ  空の日
1940(昭和15)年に「航空の日」として制定。戦争中は中断されていたが、1953(昭和28)年に復活。運輸省(現在の国土交通省)航空局が1992(平成4)年に「空の日」改称した。1911(明治44)年、山田猪三郎が開発した山田式飛行船が、滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功した。日本で最初の飛行に成功したのは、1910(明治43)年12月19日に東京・代々木錬兵場で徳川大尉が行った飛行実験だった。しかし12月では気候的に「航空日」の行事に適さないため、帝都上空一周飛行が行われた9月20日を「航空日」とした。


誕生花: ひがんばな   花言葉: 悲しい思い出

誕生石: ブルースピネル   宝石言葉: 愛の刺激






行き先は “ あなた ” 次第  親切・丁寧・確実にお供します
- ご用命は稲穂介護タクシー へ -





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://inahocaretaxi.blog82.fc2.com/tb.php/1813-40bed010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Share
ShareSidebar